2007年01月

電気屋さんが修理に来た

reizouko.jpg
daidokoro.jpg

2年半前に買った冷蔵庫の製氷室の部分が、自動製氷不可になったので、今日
メーカーから修理の人に来てもらった。
すると、自動製氷器が壊れているため交換と言うのだ。 

「使い方に問題があるんですか?」と聞くと、「いや、最初からです」と言うのだ。
それなのに、修理代が、13.000円もかかるというのだ。冗談じゃない! 怒る
とにかく、このままおとなしく修理屋を 帰らすわけにはいかない!ほっとけない!
「最初からなら、欠陥品じゃないんですか?」 と聞くと、
「電気製品は、このようなことがあり、販売店に冷蔵庫保険証を持って行かれると、
修理代金を返金しますよ。ただし、1回きりです。」と修理代金?を受け取ると
そう言い残して修理屋はそそくさと帰ってしまった。ちょっと待てよ と言いたい。
それも、全額返金になるのかわからないし、2回目からは、こちら負担だ。 泣く 
納得いかない!!! 怒る怒
akaningiyou.jpg

便利な機械ほど壊れやすい。メーカー側に、問題ないのかなあと思う。
この冷蔵庫は、◇◇◇菱。考えてみたら、うちは電気釜も◇◇◇菱!車も◇◇◇菱!
銀行も◇◇◇菱!
おまけにうちの旦那が、再就職した会社も◇◇◇菱関連の会社だ!
たまたま縁がある。何故だ?もう! あかんべー

黄金(こがね)の水を飲む

idomizu.jpg

先日の日記で取り上げた小金井市の湧き水を 昨年から飲みたぃ~と思って
いたところ 遂に水道のKEYを500円で購入。
これで私も永遠にこの湧き水 『黄金の水』 を飲み続けることが出来るのだ。ウフ~ドキドキ小
上の画にあるポンプからの水は、飲むことは出来ないが、その先に蛇口が設置され
ており、KEYを差し込んで捻ると水が出る仕組みになっている。
 
jizou.jpg

家から自転車で5分のところにあり、右上の『六地蔵』が黄金の水を見守っている。
coffee.jpg

早速、黄金の水でコーヒーを沸かして飲んだところ、ナント美味し~い ウサギウサギウサギ
買って来たミネラルウォーターで沸かすより、ホントに美味しいのだ。OK
なんだか幸せ~な気分 ハート 

TV『ぶらり途中下車の旅・中央線』

chuousen.jpg
dejaya.jpg

毎週土曜日の朝に テレビ 番組でやっている 『ぶらり途中下車の旅』 は時々見る。
今日は、 『新型車両で行く歴史ある街』 と題して小金井から出発して、
東京まで行くという ぶらり旅だった。新型車両ということと、私の住んでる街が
紹介されていたので じっくり見てしまった。
小金井の地名は、黄金の湧水に由来するらしい。南口の商店街が、奮起して井戸を
掘ったところヒット!水質基準クリアの水が湧き出たそうだ。
『六地蔵のめぐみ・黄金の水』である。番組では、この水を使用するリヤカーでの
移動屋台珈琲屋 『出茶屋』 さんを紹介していた。
黄金(こがね)の水で煎れるコーヒーが実に美味しそう。ハート
若い女性店主は、オーガニック嗜好で、アウトドアの屋台にてお客さんとの距離感
のない自然な交流を目指してるようで好感が持てた。オープン・カフェっていい感じ。
ガスや電気を使わず 七輪に鉄瓶をのせて湯を沸かしているところなど、なぜか
懐かしくアナログ的である。
taka.jpg

続いて、電車は武蔵小金井駅を起点に途中下車しながら上って行くが、
新型車両は、見慣れたオレンジ一色の中央快速と比べてシルバー地に
オレンジのラインが入り幾分モダンである。 電車
『武蔵境』下車で四川直伝の麻婆豆腐を看板に掲げる中華料理店に続き
住宅街の女流ラタンのアーティストとその作品をを紹介し三鷹へ。
『三鷹』は、江戸時代、徳川家三領のお殿様達の鷹場となった処である。
そこで、鷹を操る鷹匠を紹介していた。こうして見ると猛禽類も可愛く見える。鳥
「慣れるもんだなぁ」と関心。

電車は吉祥寺を素通り後『阿佐ヶ谷・高円寺・中野』のユニークなスポットを紹介。
新宿をとばし、神田へ、夕刻時分にホスト役の阿藤さんは、燻製屋さんで魚介類の
燻製をつまみに一杯やってる。 いいなぁ。 ジョッキ
最後は、上りの終点東京、丸の内から発車する二階建てのオープン・バス
『スカイ・バス』を紹介していた。
オープン・バスとはいえ、これがもっとも今ふうで都会的な映像であった。ブタ bu-bu-

新春バラエティパーティ

昨夜は、ご近所のN氏のお店で新春顔合わせ会が開かれた。 乾杯 料理
普段、色々なところでライヴをやっている人達の集まりだったので
当然、飲み会の途中からそれぞれのライヴが始まることになる。音符
                
motuchan.jpg

サンシンの弾き語りを演っているのは、奄美出身のもっちゃん。ハイビスカス 
彼女の島唄 魚 を聴いていると、伝承的な音楽観を感じ奄美の雰囲気に浸れた。
oouchi.jpg

このお店にあるギターを借りて、テキサスのブルースマン、ライトニンホプキンス
を究め、自身の出身地である大分弁で私生活を生々しく唄うコージ大内さん。
大分の方言が どうしても日本語には聴こえないが、断片的に解る部分で繋がり、
それが 妙におかしく笑える。 彼の飾らない人柄と重なるからだろう。
kaoruchan.jpg

後半はミュージシャンのJOJOさんPONYさんが自分達の演奏後の余興で
盛り上げた。
この二人は何でも演る人達だが、まさかフラメンコまで演るとは・・・
このPONYさんのなんちゃってフラメンコ弾き語りに一同大爆笑。
これが呼び水となり、満を持してフラメンコダンサーのカオルちゃん 登場だ!ダンス
さすが本格派、ダンスがシャープだ。 
躍動感充分、迫力満点!目を奪い楽しませてくれる。
昨夜は、新春に相応しいコラボレーション・ライブ。まるでバラエティショーであった。
それにしてもみなさん 芸達者だなぁ。にっこり






遅ればせながら新年の挨拶

jinja.jpg

「新年明けましておめでとうございます。今年も宜しく」 にっこり
昨年の30日ぐらいにまたPCが不具合を起こし、年を越してしまった。
昨日頼りになる友人のおかげでやっと復活。ふぅー OK
今年は、どんな年になるのかなあ はてな1月3日に武蔵境の『杵築神社』へ初詣。
私の生まれ故郷の歴史ある神社ともリンクする由緒ある武蔵野の鎮守社なのだ。
おみくじを引いたら、「おっ ツイテル!大吉」運勢はすべて、無難なことばかり。  
そう 無理をせず、あたりまえに過ごすことがいいのかもしれない。
31live.jpg

これは、もう2週間も前になるが、『菩南座カウントダウンライヴ』 の模様。
今更 載せるのもと思ったが、1年の締めくくりとしていいライヴとなったので追記。
すご~く気持ち良いライヴだったのである。
それはお店のマスター(太郎さん)の温かい人柄に尽きると思う。
そして、お客さん達とともに味わったトマトスープ鍋もとても温かく美味しかった。 ハート
「今年も、自分を更に磨き、納得してもらえるようないいライヴが出来るよう」願掛けた。
記事検索
記事検索
livedoor プロフィール
livedoor プロフィール
タグクラウド
タグクラウド
QRコード
QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ