2007年03月

3月17日ライヴ予告!

minibayou.jpg
昨日は、桃の節句。それにしても早いものだ。
今年は、遂に雪を見ることもなく、武蔵野は、
すっかり春の様相である。 チューリップ

ところで 武蔵野の『バイユーゲート』でのライヴ が、
近づいて来た。 譜面

武蔵野ミニー的ライヴといえば、戦前もののブルースの
弾き語りだが、今回はそれにちょっとばかしプレイヤーを
添えて、シカゴブルースやジャズブルースにオリジナル曲
などを混ぜながら、春の訪れのようなウキウキリズム隊を
バックにプレイする予定である。音符

norio.jpg 

なんといっても 『武蔵野ミニー・感度100%』 電球
と銘打ってのライヴである。 
とにかく武蔵野ミニーを堪能してもらおうという
入魂ライヴにしたい! 力こぶ


からまつ楽団バージョン・コーナーも少し設ける
ことにしている。
当然 ジミー矢島氏の登場となり、盛り沢山。 山yajima.jpg

乞うご期待びっくりびっくりびっくり

(写真提供 yatsu様)




 



  



戦前ブルースは楽しい

rca.jpg

先日、新宿のタワレコに行った時 気がついたのだが、最近のブルースの
コーナーは、初級者向きや、中級者向きと分けて、CDを紹介してたりする。
その初級者向きでは、『RCAブルースの古典』を勧めていた。音符

私は、レコードもCDも両方共持っているが、ブルース初心者クローバーがこれから
これらを聴いて違和感を感じないだろうか? と、ふと危惧した。
私は、若い頃からなんの抵抗もなく聴いているのだが・・・音量

たぶん、お店側としては、戦前ブルースのオムニバス解説付きなので、入門に
適し、ブルースの歴史を辿り 学習することも出来るという 意向なのであろうが。 本
もしそうだとすれば、戦前ブルースに、このように目を向けてもらえることは、ちょっと
嬉しく思う。

私は、戦前以外のブルースも好きであるが、なにより戦前ブルースが面白いのは、
戦後のブルースのような定型などまだなく、自由な発想でリズムに独創性を
持たせてるところや、唄やギターテクニックに様々な工夫が見られるところである。 力こぶ
中には音楽的に未熟なものもあり、楽譜に表現しにくいものなどもあるが、これも愛嬌
か ・・はたまた貴重な民族音楽遺産である。。。と思うのだがどうだろう ・・・サル

記事検索
記事検索
プロフィール

drecom_fumiblog

プロフィール

drecom_fumiblog

タグクラウド
タグクラウド
QRコード
QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ