2007年04月

キャット・フィッシュ・ブルース

namazu.jpg鯰といえば・・川や沼や湖、疎水などに生息する
淡水魚である。
ウロコがなく、ぬるっとした風体に、大きな口と、
特徴のあるヒゲ。 その愛嬌たっぷりの面相が、
アメリカでは、ヒゲを 猫の顔に例えて
『キャット・フィッシュ』などといっている。 猫 ・ 熱帯魚
ヤズー川やミシシッピー川の川底には、ウジャウジャ
いるんだろうね?

元東京阿佐ヶ谷のブルースバー『ギャングスター』
の店主が、今は、生まれ故郷の福島で、『なまず亭』
という名の ブルースバーをやっている。 グラス
その鯰な(店主)じょにさんのお世話で、5月5日、6日は、
東北ツアーが決まり、行くことになった。車
ありがたい!
kawa.jpg
★Pre-War・Country Blues・・『弾き語り祭り!』
LIVE AT 福島『なまず亭』
出演:Musashino・minnie DUO
(わたりべふみvo・ag&竹下直登ag)


共演: コージ大内(ag・vo)
Micky&bluesCruiser  Ramblin前田

○なまず亭・福島市栄町11-10栄町ビル3F 
phone・0245-22-7013
open19:00 Start20:30~ Charge¥2.500

☆5/6(sun)仙台ブルースフェスティバル
開催:10:00~私の出演12:40頃~


福島、仙台方面の方々 よろしくね!






DNAのこと

cat.jpgこの2枚の写真は、上の画がうちの猫で、下の画が
姉のうちの猫で、実は、同じ日に生まれた姉妹で
あるが、性格も体系も、ちっとも似ていないのだ。
ネコの場合、人間と違って、母親は同じでも父親が
違うことが あるらしいということだが・・?


ネコのことは、さて置き、昨夜は、TV番組
『ザ!世界仰天ニュース』で、DNAのことを採り
上げていた。
それは、双子(一卵性)の姉妹が生後、間もなく
別々な所で養女として育てられ、成長の過程を
大学の教授が、「遺伝50%環境50%」 と言われ
ているが、果たしてそれが正しいのかを、調査して
行くというものであった。
cat2.jpg
その女の子たちは、お金持ちの家 貧乏な家 と
違う環境で育てられたが、10歳になっても、
爪を噛んだり、おねしょをするくせや、勉強が苦手
なことなど そっくりだった。
以前から、別の環境で育った 双子の調査は
されており、やはり同じような結果が、出たという
ことで、番組のこの問題は終わってしまったのだ。
これでは遺伝子の影響の方が強く、環境はあまり
関係ないと 捉えてしまう極端な人もいるのでは、
と思ってしまった。

DNAは先祖から受け継がれたものなので
どうしようもないことだが、人間は、成人してからも 
つまづきながら、成長し続ける生き物だと思う。
それには、せめて20歳までに、親の豊かな愛情と、人間として
の良識を身につけさせることが、必要なのでは?と思う
今日この頃である。

素朴な疑問?

chikendoll.jpg私は、近所の大型激安スーパーへよく行く。
大概何でも揃うし、安いから。このお店では、お酒もよく買う。 
「未成年者飲酒禁止法に基づいて、年齢確認の為、
フダのご提示をお願いして居ります。」
と以前から、店内放送は流れていた。音量

しかし、実際には4月に入ってからのこと、レジで必ず
確認されるようになった。
20代以上か、30代以上の『お札』がレジの前にあり、
お酒を買うと、どちらかを提示しなければならなくなった。


bourbon.jpg私が、レジに並んでいる時のことだ。
レジ係りの店員さんが、白髪の女性客にも、
「20代か、30代のフダを提示下さい。」とお願いしていた。
するとその女性客は、急にゲラゲラ笑いだし 笑い
「あら~、若く見られて嬉しいわ」 と喜んでいたが・・
年齢不詳に見える人も多いので、分かるが・・
こと細かくうるさくなったのも、これもコンプライアンスの
悪影響か?
しかし要は、20代というボーダーラインに基づいてのことだろう
からそれ以上の世代についてのチェックなど、必要あるのかな?
だから、30代以上のフダなど、必要ないよね?

こんな素朴な疑問は、私だけぇ~ はてな

ベニシダレ ストリートウォーキング

sidare4.jpg
sidaredoori.jpg

昨日もお天気が良く、知り合い達と共に 多摩川線の新小金井駅で
待ち合わせて、野川沿いのベニシダレザクラ・ウォークを楽しんだ。 にっこり
私は、予め、武蔵野公園の見晴らしのよい休憩所に席をとって、待っていた。
周りは、まだ午前11時だというのに、何組かピクニックシートを敷いて、ご馳走を
並べて、盛り上がっていた。付近に春告鳥『ウグイス』の鳴声が 響きわたる。
待っている間、桜の木に下のベンチに座ってウクレレを弾いて 唄っていた♪
夏なら、木陰でウクレレを爪弾くのもいいなぁ。でもこの時期の太陽の日差しは、
なんて心地良~くって、なんて気持ちい~のだろう。太陽
sidare5.jpg

そうこうしてるうちにようやく集まってきたみんなと合流。
ここで全員小休憩。散り始めたソメイ・ヨシノを暫し眺め、遠足気分で歩き出す。
我々の先を行くようにせわしなく木の枝から枝へと飛び移る小鳥を発見。
「あっ コゲラだぁー!」 と カオルちゃんの歓声が、上がる。
俄かに、コゲラとウグイスとの 鳴声のセッションがはじまった。  譜面

小金井新橋の袂から、川岸に降りて、連なる紅枝垂れ桜を下から見上げながら
野川上流に沿って、スライド・ショーを見るかのように、天神橋までゆっくりと歩いた。                降り注ぐような薄紅色の桜の花弁がどこまでも綺麗だ。
川縁のレンギョウや、ヤマブキなど黄色が濃い花々も眩しい。
華やいだ雰囲気がそこかしこに 満ち溢れていた。

コース終点の天神橋に着くと、近くの飲食店で参加メンバーと一緒にお約束の
昼食会となった。
ジョッキ宴のさなか、先頃、電撃入籍した新婚カップルハートも駆けつけて、改めて祝福の
 乾杯 となった。
(都合により、参加出来なかった方々 大人気ない歯ぎしりは抑えて、抑えて!!)

今日は、いい天気

someiyosino.jpg

昨日は、雪、みぞれ?信じられない。 雨雪
今日は、こんなにいいお天気 気分も晴れ晴れだ 太陽
(上の画は、お花見の定番 染井吉野である)
sidare2.jpg
sidare3.jpg

散歩コースの 野川沿いを 三鷹方面に向かって歩くと 紅枝垂れ桜がどこまでも
続いている。風情があるので、この時期このあたりが 名物にもなっている。
若いカップルが、手をつないで歩いている。春だなぁ。いいなぁ~ ハート
すると、また別のカップルが私の方に歩いてくる。
よく見ると今度は、お歳を召したお二人だ。(まあ カップルには違いないが・・)

「この紅枝垂れは、もう散っちゃったんですか?」 と大きな声で私に尋ねてきた。音量
「いえいえ、これからなんですよ。」 と私も大きな声で答えると
お婆ちゃまが、「あっまだ、ツボミですものね。今年は、暖かいから、終わったのかと
思ったけど ああよかった~」と仰る。どこか遠方からいらした方みたいだった。

もうあと何日か後には、絵にも描けないぐらい素晴らしく咲くことだろうドキドキ小
楽しみ~ ラブ
記事検索
記事検索
livedoor プロフィール
livedoor プロフィール
タグクラウド
タグクラウド
QRコード
QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ