2007年11月

なまずなじょに祭り!

昨夜、福島から、 鯰なブルース・ファミリーご一行が東京へやって来た。
鯰なじょにさんと親交のある 東京ブルース系ミュージシャン各々方
との恒例のイベントが、中野『BRIGHT・BROWN』にて繰り広げられた!
私もクレジットされていて、プレイしてきた。(今回私のフォトは無し)

今年のタイトルは、『BLUES Gumbo YaYaYa!』 5バンド出演。
最初から、とても good なバンド東京チェリーボーイズだった。
フクムラサトシのサックスが加わったりもして、スタートから盛り上がった。
(フォトが無くてゴメンナサイ)
gumbo.jpg

上の画は、タイトル通りの目玉・・・『R&R GUMBO』というビックバンドだった。
ニューオリンズのごきげんなサウンドに、私も、思わず踊ってしまったにっこり
oomochi.jpg

中央の画は、女性だけのグループ 『ファイヤー大道&HoodooGirls』だ。
はじめて観る女性のみの正統派シカゴ・ブルース継承派ふうバンドである。
頑張って欲しい!
cruiser2.jpg

武蔵野ミニーDUOは途中から、急遽東京チェリーボーイズの
ハモニカの鈴木タモツさんをフイチャーしてのプレイ。
私がドブロギターのチューニングで、戸惑ってしまったことは
反省。(すんませんでした泣く

福島からのMICKY&CRUISERは、もう東京公演はすっかりなれっこ。
チェリーボーイズのドラム(なべさん)が加わり、これもまたいい感じだった。

とにかく満席、スタンディング状態で大盛り上がりだった。
MICKY&CRUISER、東京チェリーボーイズ、ファイヤー大道&HoodooGirls
R&R GUMBOの皆さま、お疲れ様!そしてご来場下さった方々に感謝!
このように毎年、福島と東京のブルースそしてご来場下さった方々を通しての
古い交流、新しい出会いと交流は、とても素晴らしいことだと思う。
じょにさん、有難う ラブ

台湾BLUES Bash!4

tommy2.jpg

11月17日、18日 台北でブルースフェスティバル 『BLUES Bash!4』
野外イベントが開催された。2日通して15バンドが出演した。

上の画は、来日したこともあるトミー・チュン(from香港)である。
SARS大流行の年だったか、吾妻光良氏招聘にて日本でのセッション。
更に 竹田和夫プロデュースにより、3枚もCDをリリースしている。
生で観たのは初めてであった。彼は、英国に渡っていた頃ブルースとの
出会いがあったせいか、ホワイトブルースの匂いがするが、独特な雰囲気
もあり魅了された。
bashmini2.jpg

武蔵野ミニーDUOは、有難いことに最終日のラストから3番目にプログラムさせて
頂いた。 やはりこの時間位からが ブルースは、映える!
しかし、18日は私が、日本から雨を連れて来たのかぁ?と問われ・・え傘なに・・雨
生憎のお天気となってしまった困った
前日は、日中30℃ぐらいで夏日だったのだが、当日はかなり温度も下がった↓
台湾は暖かいイメージがあったのだが、長袖2枚着ていても寒いぐらいであった。
雨天 心配な中、お客さん達は傘をさしてまで集まって来てくれるから 嬉しいことだ。
客席の椅子は片付けられ、テントが張られ、お客さん達はテントの中で
スタンディング状態での観賞だった。
私達の演奏が始まると、一曲終わるごとに大きな声援が飛び、とても良い反響びっくり
この日は肌寒かったのだが、台湾の人達のお陰で温かくなった!太陽
img20071121.jpg

ラストから、2番目は、地元のバンド『BoPoMoFo』が安定したバックを勤めて、シカゴを
代表する日本人プレイヤーSHUN菊田(fromシカゴ)登場。
さすが、出だしの一音一発目から 音の立ち上がりの切れ味が鋭い!
ブルースの進化を感じさせる演奏だ。
観客達は、黄色い声援混じりで大盛り上がりとなった。

トリの『Mitch Woods』は、強い雨のせいと時間も押していることもあって
野外ステージを後にして会場を皆で移動した。
そこは、普段『BoPoMoFo』がレギュラー出演しているイタリアンレストランバーである。
そこで、当然の如く2次会が始まる。
ジャンプブルースMichiWoodsの歌とピアノが素晴らしく心地良かった!
アフターアワーズは、このようにお約束のセッションとなり、私ももちろん参加させて
もらった。

私達なパフォーマンスも出来て、いや~私の台北デビューは、とにかく満足至極!
また、是非来てくれと、今から来期のオファー、この心地良さは、もうクセになりそうドキドキ小
台北在住の皆様、「本当にありがとう」 「謝・謝ハート

明後日から台湾へ・・

足跡
trank.jpg

明後日から、『台湾ブルースフェス』出演の為、台北3泊4日の旅に出ることになった!

11/17(sat)~11/18(sun)台湾ブルースフェスティバル
TAIWAN BLUES BASH ←ここクリック

出演者:武蔵野ミニーDUOわたりべふみvo・ag&竹下直登g) 
菊田俊介(from Chicago)
Tmmy ・Chung(from Hongkong) BOPOMOFO(台北)他・・・

台湾 台北県汐止市ドリームコミュニティー

ステージ 私達の出番は11/18(sun)18:20~

では、行ってきま~す 力こぶ

日光の旅

chuuzenji.jpg

4日の日両親、姉達と一緒に日光は、明智平付近(男体山、中禅寺湖、けごんの滝)
と日光東照宮に一泊二日の旅に出た。電車

中禅寺湖まで行く途中、ヘアピンカーブで有名な いろは坂あたりにさしかかった
ところで、かなり渋滞していた。
こんな山の中、しかも二車線でカーブの厳しい道が車で溢れていて、
「ここで事故でも起きたら大変だ~」と想像すると怖かった。

今年の日光の紅葉は、10月中旬が見頃だったようだが、それでもまだ綺麗。
kanayahotel.jpg

4日の夜は、日光東照宮の近くのロッジ風外観の 金谷ホテルに泊まった。
このホテルは、明治時代に建てられ、築130年は経っており、その当時は、
諸外国の外交官や知識人たちの避暑リゾートとして利用されていたようだ。

古いもの好きな私は、「明治時代にメンフィス・ミニーは生まれていた」
と その時代を想像するだけで、ワクワクするのだ~ チュー
saru.jpg

5日の日は、日光東照宮に行き、徳川家康の公墓所も見てきた。

三猿のことわざは、誰もが知っているよね。
「子供の内は、悪いことは見ない!聞かない!話さない!」

一泊二日の旅は、あっという間だったが、一つ一つ良い思い出となった。 OK
記事検索
記事検索
livedoor プロフィール
livedoor プロフィール
タグクラウド
タグクラウド
QRコード
QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ