img20080322.jpg

さて、昨夜は阿佐ヶ谷『MIX』でのライブ。
ここのお店での、デビューとなった。

ブルースは、どれを聴いても同じように聴こえるなどと、のたまう輩が
いらっしゃる。
定型の循環パターンでのセッション等には、確かにそういう要素もあろう。
が、総てが、そんなことはない!
逆に、「同じようには聴かせないぞ!」という気持ちが私自身募ってくるのだ。

要は、選曲、曲順等のライブ構成や、演奏にも係わってくるのだが、
私は何よりそういうメリハリが、大事だと思っている。
そして、昨夜は、ただブルージーな・・というだけではなく、メロウなものや、
アグレッシブなものも採り入れ、披露してみた。

お客様の中には、「まるで、ブルーバードビートを彷彿させてくれたような演奏だった!」
と、かなりマニアックな、反応を示された方もいらっしゃって、益々精進せねば!と、
駆り立てられて、阿佐ヶ谷『MIXライブ』 完遂音符
嬉しいデビューとなった。にっこり

同時に、このバンドもタイトな音作りが、成って来たような感触を得た。
なによりも竹下直登のアイディアや、渡邊紀男氏等、サポート陣の協力があって
のことであり、ありがたいまる

MIXのママ&なおちゃんお世話になりました。有難う!

ご来場下さった皆様、満員御礼 有難うございました。