GUEST

国立(くにたち)のライヴにゲストして・・・

昨夜は、国立『はっぽん』で、『アコギ一本勝負』堀尾和孝氏のライヴがあった。
彼とは、先週高円寺のライヴ・バーで知り合ったばかりであったのだが、
なぜか、急遽追加ゲストすることになった。
hapon4.jpg

オープニングアクトは、上の画の大石善也君。
この画の印象だとフォークシンガーか?と思われるかもしれないね。
それがいや~なかなか技巧派だ。(もしや弾きこもり系?笑顔
父親がカントリー系ミュージシャンということもあって彼の音楽性には
その影響も感じさせられる。これからが、楽しみな好青年である。
hapon2.jpg

左上が、堀尾和孝氏。アコギ一本で、一人インスト・バンドをやる人だ。
ロック、タンゴ、カリプソ、ポップス、演歌?など々とにかく多彩で驚かされる。
昨夜の正ゲストは、右上の彼女KEIさんだ。
初対面だが、かわゆーい。堀尾氏とは度々ライヴをやっているようである。
彼女は、キャロルキングや、ボニーレイットの曲など披露してくれた マイク音符
hapon.jpg

堀尾氏は、1ステ―ジの後に 私の弾き語りのコーナーを設けてくれた。
堀尾氏や観客から「ドブロをこのように巧く弾く女性を初めて観て感心させられた」
との賛辞を頂いた。嬉しいね!
2ステージ目のアンコールでは、私も加わりスタンダードならと『ルート66』を演った!
カントリースウィング調でのセッションとなり、その後、KEIさんが1曲歌って、〆た。
や~楽しい夜だった にっこり(昨夜は旦那抜きだったし・・)

ジミーさんがやって来た!

jimiyajima.jpg先日、日曜日に八ケ岳からジミーさんが、
久々に『からまつ楽団』の音合わせの為、
我が家にやって来た。 音量 
今度7月に 武蔵野のバイユーゲートで
ライヴをやるリハ(リハビリ?リハーサル)
のためだ。

ジミーさんが録音機材(MTR)を持ち込んで、
バックミュージシャン達と合わせる前に先ずは、
唄のレッスンと新曲の録音をしたというわけ。マイク
随分メカにお強くなられたようだ。手馴れたもんで、
「なかなかじゃん!ジミーさん やるなぁ!」・・○

ジミーさんが、多忙、遠隔の為、時間がとれないので、
あとは、音源をCDRに焼いて、これで個人レッスンするしかないのである。
もう、随分演ってない曲もあるが、少し勘が戻ってきたようだ。
それにしても、からまつ楽団の曲は、聴くには楽しいが、演奏をして歌う側は、
心拍数も上がり、血管キレそうな曲もあるのだ~ ショック
で、結構大変!でも頑張ろう~っと 力こぶ
とにかく、からまつ楽団全員集合(笑) こりゃ~まさに復刻ライブだね。
乞うご期待!来てね びっくり

記事検索
記事検索
livedoor プロフィール
livedoor プロフィール
タグクラウド
タグクラウド
QRコード
QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ